> > 大和ハウス、電力小売り参入へ 新会社から管理物件40万戸に電力を供給

大和ハウス、電力小売り参入へ 新会社から管理物件40万戸に電力を供給

記事を保存

大和ハウスグループは、2016年の電力小売りの全面自由化後、電力の小売り事業に参入する。大和リビングマネジメントが、電力小売りを主幹事業とする「大和リビングユーティリティーズ」を7月31日に設立した。今後、大型マンションを対象とした一括受電や、電力自由化後の賃貸住宅への電力供給を予定している。

2016年に家庭向けを含めた電力小売りが全面的に自由化されるに伴い、同社は、管理中の賃貸住宅約40万戸の入居者に向けて、管理会社ならではの電力供給サービスを提供できると考え、電力小売りを専門に扱う新会社を設立した。

新会社は、電力を安価に提供するだけでなく、賃貸住宅の入居者が求めるサービスを提供できるよう、自由化が開始されるまでの期間で準備を進める。また並行して、大型マンションに電力を供給する一括受電事業を展開する予定。

大和リビングマネジメントは大和ハウス工業の100%出資の子会社。賃貸住宅経営をトータルでサポートする「一括借上システム」サービスを手掛ける。

新会社の大和リビングユーティリティーズの資本金は1千万円。大和リビングマネジメントが100%出資して設立した。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.