> > 日本システムウエアの省エネ型クラウドサービス、国の補助金対象に

日本システムウエアの省エネ型クラウドサービス、国の補助金対象に

記事を保存
日本システムウエアの省エネ型クラウドサービス、国の補助金対象に

ITソリューションプロバイダのNSW(日本システムウエア/東京都)は、同社のクラウドサービスとデータセンター事業が経済産業省の「データセンターを利用したクラウド化支援事業」に登録されたと発表した。

今回登録されたのは、マネージド型IaaS「BlueSpider」と、渋谷ならびに山梨のデータセンター。同支援事業では、エネルギー効率の高いデータセンターを活用したクラウドサービスに移行し、電力削減に貢献した企業に対して、経産省がその移行費用の3分の1、または5分の1以内を補助する。交付申請は11月28日まで受け付けている。

なお、「BlueSpider」は、コンピュータが稼働するために必要なITリソース(CPU、メモリ、DISK)をネットワーク経由で提供するIaaS型のクラウドサービス。従来、サーバのリソースは余裕を持って構成されていたため、平均するとITリソースが無駄になってしまうことが多かったが、BlueSpiderに移行することにより、必要な時に必要な分だけのリソースを使用でき、スモールスタートが可能。TCO(維持管理総経費)の削減につながる。

また、同社は、都市型データセンターとして「渋谷データセンター」、郊外型データセンターとして「山梨データセンター」を保有し、顧客のシステムの安定稼働を実現している。災害などに備えたバックアップ体制にも対応している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.