> > KDDIもマンション向け電力小売事業参入 ネット回線や携帯サービスと連携

KDDIもマンション向け電力小売事業参入 ネット回線や携帯サービスと連携

記事を保存
KDDIもマンション向け電力小売事業参入 ネット回線や携帯サービスと連携

KDDIは、マンション向けの電力小売り事業に9月1日より参入する。新築・既築のマンション向けに、電気料金を従来よりも割安に利用できる一括受電サービス「auエナジーサプライ」の提供を首都圏エリア(東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県)から開始し、順次提供エリアを拡大する。

同サービスは、KDDIが地域電力会社等から高圧電力を一括契約で調達し、マンションの共用部に設置する受変電設備で低圧電力に変換することで、従来に比べて電気を割安に利用できるもの。

家庭の電気料金を約5%割り引く「占有部割引プラン」と、共用部の電気料金を最大50%割り引く「共用部割引プラン」がある。また、マンション全戸にスマートメーターを設置して電気使用量をリアルタイムに「見える化」することで、電気の使い過ぎを抑え、電力消費の低減に貢献する。

KDDIは、これまでマンション向けに電話およびインターネット等の通信サービスを提供してきたが、今後は一括受電サービスに加え、生活導線におけるWi-Fiの充実、スマートフォンやクラウドと連携した便利なサービスの提供など、KDDIならではのトータルソリューションを提供していく。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.