> > 省エネ化の鍵 パワーエレクトロニクスの新技術研究、11テーマが始動

省エネ化の鍵 パワーエレクトロニクスの新技術研究、11テーマが始動

 印刷 記事を保存

NEDOは、省エネルギー化のためのキーテクノロジーであるパワーエレクトロニクスの性能向上や用途と普及の拡大を図り、一層の省エネルギー化の推進と産業競争力の強化を進める委託事業、11テーマの採択先を決定した。

事業期間は2018年度末までの5年間。本事業の成果は、応用システム開発を中心とした事業への橋渡しを行うことなどにより、早期の実用化・事業化を目指す。

本事業は、内閣府が推進するSIP(戦略的イノベーション創造プログラム)の課題の一つである「次世代パワーエレクトロニクス」を、同テーマの管理法人としてNEDOが実施するもの。SIPとは、総合科学技術・イノベーション会議が司令塔機能を発揮して、府省の枠や旧来の分野の枠を超えたマネジメントに主導的な役割を果たすことを通じて、科学技術イノベーションを実現するために新たに創設されたプログラム。

パワーエレクトロニクスは半導体素子を用いて電力の変換や制御を行う技術のこと。太陽光発電の直流・交流変換や電車のモータ制御などに用いられている。本事業では、以下の4つの研究開発項目において、11テーマの委託事業として実施する予定。

(※全文:1,579文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.