> > 運送業のリヤカー付き電動自転車、アシスト力3倍に ヤマト運輸が実証実験

運送業のリヤカー付き電動自転車、アシスト力3倍に ヤマト運輸が実証実験

記事を保存
運送業のリヤカー付き電動自転車、アシスト力3倍に ヤマト運輸が実証実験

経済産業省は、9月18日に、ヤマト運輸とヤマハ発動機から共同で申請された新事業活動計画を認定したと発表した。

同計画では、新たな物流手段としてアシスト力の大きいリヤカー付電動アシスト自転車を配送事業に活用し、新たな配送事業の有効性と安全性を検証する。新事業活動の活動期間は、2015年8月まで。

同活動計画の認定に先立ち、道路交通法で定められるリヤカー付き電動アシスト自転車のアシスト力(人がペダルを踏む力に対して駆動補助機が補助する力の比率)の上限を、現行法令の2倍から3倍に変更するよう、新たな規制の特例措置(産業競争力強化法に基づく「企業実証特例制度」による)が行われた。

ただし、特例による3倍のアシスト力を有するリヤカー付電動アシスト自転車は、安全性の確保などを前提条件としたうえで、物流用途で、かつ政府が認定した新事業活動計画に限定して活用できる。

現在の配送事業では、坂道の多い配送エリアで通常の自転車を活用すると、急坂での走行が困難であったり、疲労が蓄積されたりするなど、配送員への負担が大きいことで配送上の制約が発生し、効率的な事業活動を行いづらい状況にある。

同省は、同新事業による自転車産業の活性化、配送事業に携わる女性や高齢者の雇用機会の拡大、物流業におけるCO2排出量の削減などの効果を見込む。

トラックが入れない場所でも効率的な配送が可能に

トラックが入れない場所でも効率的な配送が可能に

【参考】
経済産業省 - アシスト力の大きいリヤカー付電動アシスト自転車を配送事業に活用する計画を認定しました

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.