> > オフィステナント、2014年も節電を維持 震災前(2010年)比で19.3%減

オフィステナント、2014年も節電を維持 震災前(2010年)比で19.3%減

記事を保存
オフィステナント、2014年も節電を維持 震災前(2010年)比で19.3%減

ザイマックス不動産総合研究所(東京都)が公表した「オフィステナント電力量調査」の結果によると、2014年春季(4~6月)のオフィステナントの消費電力量は33.8kWh/坪で、震災前2010年の同時季と比べて19.3%減となり、前年の16.9%と比べて15~20%減の水準を維持していることが分かった。

また、「オフィスビルエネルギー消費量及びコスト調査」によると、2014年6月時点における過去12カ月の平均値では、エネルギー消費量は、震災後の水準を継続的に推移し、2010年比15%減。エネルギー単価は、2010年半ばより一貫した上昇傾向は変わらず、同43%上昇。エネルギーコストは、消費量は変わらず単価が上昇した結果、引き続き上昇し、同21%上昇した。

※一部データを見直した結果、前回発表値より2013年12月の値を変更
※各月の数値 単月値でなく、12ヵ月前~当月までの1年間の平均値を示す
※2010年12月時点 の数値を100として指数化
※エネルギー消費量は 単位を MJ(一次エネルギー量)に換算
※消費量、コストは単位面積あたりの数値を 算出し、指数化
※3つの指標関係は、コスト=単価×消費量

「オフィステナント電力量調査」は、全国のオフィスビルに入居するテナントを対象に行っているもの。東京電力管内における電力量は、2014年4月は33.3kWh/坪、同5月は33.6kWh/坪、同6月は34.5kWh/坪。

春季(4~6月平均)のオフィステナント電力量は、2010年41.9kWh/坪、2011年34.3kWh/坪(2010年比18.1%減)、2012年34.7kWh/坪(同17.2%減)、2013年34.8kWh/坪(同16.9%減)。なお、オフィステナント電力量は、オフィスビルに入居するテナントが1カ月間で消費する1坪あたりの電力量。

「オフィスビルエネルギー消費量及びコスト調査」は、首都圏のオフィスビルを対象に行っているもの。春季(毎年4月~6月)のエネルギー消費量は、2010年春季と比べ、震災直後の2011年春季は28%と大幅に減少したが、その後は18%減、19%減、18%減で、同程度の水準を推移している。

エネルギー単価は、震災以前より一貫して上昇し、2014年春季は2010年春季に比べて51%上昇している。エネルギーコストは、エネルギー消費量・単価の変動結果として、2014年春季は2010年春季に比べて24%上昇している。消費量減少以上に単価上昇の影響が強く、春季で比較した場合は4年連続での上昇となっている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.