> > 東京スカイツリー、吉祥寺の商店街など表彰 物流分野での温暖化対策で

東京スカイツリー、吉祥寺の商店街など表彰 物流分野での温暖化対策で

記事を保存

経済産業省と国土交通省は、平成26年度「グリーン物流優良事業者表彰受賞者」を発表した。これは、荷主および物流事業者等の協力により物流分野における地球温暖化対策に顕著な功績があった優良な取り組みを表彰するもの。

「経済産業大臣表彰」の受賞事業者は、吉祥寺活性化協議会・コラボデリバリー・タイムズ24・アトレ・豊橋創造大学・武蔵野市。事業内容は、吉祥寺商店街を「安全で歩いて楽しいまち」とすることを目指し、恒常化していた配送業者車両の通行、路上駐車、路上荷さばきを削減するため、商店街が中心となって実施した共同集配送など4つの取り組み。

「国土交通大臣表彰」の受賞事業者は、佐川急便・東武鉄道・東武タワースカイツリー・東武タウンソラマチ。事業内容は、東京スカイツリータウンにおいて、人・物・車の情報を一元管理することで施設内の物流を効率化するとともに、外部に配送拠点を設けることによって大規模な共同配送を実現してトラック台数を大幅に削減し、物流分野における地球温暖化対策に大きく貢献した取り組み。

なお、12月12日開催の「第13回グリーン物流パートナーシップ会議」で表彰式及び各取り組みの発表を行う。

その他の受賞者は以下の通り。

経済産業省

経済産業省商務流通保安審議官表彰

【受賞事業者】
味の素・味の素物流・日本貨物鉄道・全国通運・商船三井フェリー・名門大洋フェリー

【事業概要】
自社の長距離輸送をトラック中心から鉄道と内航海運へ完全にシフトする取り組み。鉄道輸送において31フィートコンテナを活用することで荷役効率の向上を実現した。

グリーン物流パートナーシップ会議特別賞(荷主主導の取り組み)

【受賞事業者】
住友化学・日本貨物鉄道・京葉臨海鉄道・東洋紡・住化ロジスティクス

【事業概要】
大型コンテナの利用による荷役効率の向上、鉄道輸送へのモーダルシフト、異業種事業者とのコンテナ往復利用による共同物流によってCO2を低減した取り組み。

【受賞事業者】
日東工業・総合車両製作所・日本通運・日本貨物鉄道

【事業概要】
トラック輸送していたキュービクル(施設用の変電設備)を、専用コンテナを開発して鉄道輸送へ切り替えることでCO2排出量削減を達成した取り組み。

国土交通省

国土交通省物流審議官表彰

【受賞事業者】
神戸モーダルシフト推進協議会・王子運送・全国通運・日本貨物鉄道・ネスレ日本

【事業概要】
荷主、物流事業者の連携により、工場から顧客への納品について、鉄道・船舶両方のモードを利用したモーダルシフトを実現し、CO2排出量を削減することに成功した取り組み。

グリーン物流パートナーシップ会議特別賞(物流事業者主導の取り組み)

【受賞事業者】
古紙輸送モーダルシフト推進協議会・南光運輸・日本貨物鉄道・日本製紙

【事業概要】
東日本大震災からの復興にあたり、従来片道で製品輸送にのみ利用していた鉄道コンテナについて、原料の輸送にも利用可能な仕組みを構築し、鉄道コンテナの往復利用を実現した取り組み。

【受賞事業者】
北海道ジェイアール物流・北海道熱供給公社・日本貨物鉄道

【事業概要】
従来、焼却灰の輸送を鉄道コンテナで行っていたが、その復路を利用して熱供給事業で使用する木質バイオマス燃料を輸送することで、廃棄物輸送用コンテナを活用した鉄道コンテナの往復利用を実現した取り組み。

【参考】
経済産業省 - グリーン物流優良事業者表彰受賞者が決定しました!

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.