> > 木質バイオマス活用で山村振興 発電・熱利用の課題・解決方法のセミナー開催

木質バイオマス活用で山村振興 発電・熱利用の課題・解決方法のセミナー開催

記事を保存

東京農業大学 農山村支援センターは、3月3日(火)、木質バイオマスを活用した山村の地域活性化をテーマに、発電、熱利用の課題と可能性について考える「山村振興セミナー」を開催する。参加費は無料(申込み制)。

本セミナーでは、実際に取組む地域から事例報告を受け、取組みに際しての課題と解決方法、木質バイオマス利用を地域づくりにつなげるポイント等について意見交換を行う。また、農山村支援センターが2年間の現地調査等を経て作成した「再生可能エネルギーを活用した地域活性化の手引き」を紹介し、山村の地域づくり推進に向け情報共有を図る。

セミナー終了後、情報交換会を行う(会費制)。関係者とのネットワークづくりに、参加を呼び掛けている。

なお、事例報告では、集住化と木質バイオマスエネルギーの活用を、過疎山村集落の自立と再生を図るパイロットモデルと位置づけて取組む、北海道下川町の事業など4つの事例を取り上げる。セミナーの概要は下記の通り。

セミナー名

山村振興セミナー「木質バイオマスを活用した山村の地域活性化を改めて考える」
~ 発電、熱利用の課題と可能性 ~

開催日時・場所

3月3日(火)15:00~17:30
東京農業大学世田谷キャンパス(東京都世田谷区)

セミナー内容

主催者より手引きの紹介

「再生可能エネルギーを活用した地域活性化の手引き
~森林資源と山村地域のつながりの再生をめざして~」

事例報告(順序、タイトルは仮)

  • 北海道下川町
    「一の橋ビレジ集住化と木質エネルギー活用による集落再興」
  • 岩手県紫波町
    「紫波オガールタウンでの地域熱供給事業と森林再生」
  • 岡山県真庭市
    「発電、熱利用、小さな里山資本主義」
  • 徳島県三好市
    「高効率薪ボイラーによる小規模熱利用の一斉転換による効果」

ディスカッション(事例報告者3名)

  • 熊崎 実氏 (木質バイオマスエネルギー利用推進協議会 会長)
  • 渋澤 寿一氏 (NPO法人樹木・環境ネットワーク協会 理事長)
  • 宮林 茂幸氏 (東京農業大学 地域環境科学部 教授)

*終了後、学内にて情報交換会を行う(会費制)。

情報交換会

  • 時間:18:00~19:30
  • 場所:学内食堂
  • 会費:2,000円(軽飲食あり)

申込み

「山村振興セミナー申込み」として、1.名前、2.所属、3.連絡先(メールかFAX)、4.情報交換会(参加・不参加・未定)を明記し、問い合わせ先まで連絡。締切2月27日(金)。

開催趣旨

本来多面的機能を有する日本の森林は、近年、利用の低下・整備の遅れ等によりその機能を充分に発揮できない状況が増えている。一方、森林や山村文化の担い手である山村地域は、過疎高齢化等の問題を抱え、地域の維持・活性化が焦眉の課題となっている。

このような中、再生可能エネルギーへの社会的関心の高まりを受け、林地残材等のエネルギー利用を一つのきっかけとして、森林資源を持続可能な形で活用し、地域の新たな産業・なりわい・暮らしの構築やコミュニティの再生に結びつける方法が模索されている。

本セミナーはこうしたニーズを受けて、農山村支援センターが開催するものである。農山村支援センターは、これからの低炭素・循環型社会実現に向けて森林・自然資源をはじめとする農山村の資源や生業、生活文化などを活かし、みどり豊かな、美しく、活気のある農山村を支援するための拠点となることを目指している。

【参考】
里地里山里海と農山村 - 2015年3月3日(火)山村振興セミナー

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.