> > 物流施設やオフィスビルなど、DBJ Green Building認証取得で不動産価値アップ

物流施設やオフィスビルなど、DBJ Green Building認証取得で不動産価値アップ

記事を保存
物流施設やオフィスビルなど、DBJ Green Building認証取得で不動産価値アップ

日本政策投資銀行(東京都千代田区/DBJ)は、オリックス不動産投資法人(東京都港区)が保有するオフィスビル「ORE錦二丁目ビル」、物流施設「岩槻ロジスティクスセンター」、商業施設「クロスガーデン川崎」に対し、DBJ Green Building認証を付与した。

「ORE錦二丁目ビル」と「岩槻ロジスティクスセンター」は、『極めて優れた「環境・社会への配慮」がなされたビル』、「クロスガーデン川崎」は『優れた「環境・社会への配慮」がなされたビル』として、それぞれ認証された。

今回の認証で評価されたポイントは以下の通り。

ORE錦二丁目ビル(名古屋市中区)

ORE錦二丁目ビル

ORE錦二丁目ビル

BEMS(ビルエネルギー管理システム)による効率的なエネルギー管理により環境配慮を図っているほか、カーシェアサービスを提供するなど、テナントの快適性にも配慮したビル運営を行っている点


岩槻ロジスティクスセンター(埼玉県春日部市)

岩槻ロジスティクスセンター

岩槻ロジスティクスセンター

ゆとりある施設設計を通じて、汎用性の高い庫内仕様を確保しているほか、共用部ではドライバー休憩室や屋上庭園も整備することで、サステイナブルな物流施設のあり方を体現している点


クロスガーデン川崎(神奈川県川崎市)

クロスガーデン川崎

クロスガーデン川崎

LED照明や節水型トイレを積極的に採用し省エネ・省資源を推進しているほか、太陽光発電風力発電も導入することで創エネも実施し、環境負荷の低減を図っている点


DBJ Green Building認証は、環境・社会への配慮がなされた不動産(Green Building)を支援するために、2011年4月にDBJが創設した認証制度。対象物件の環境性能に加えて、防災やコミュニティへの配慮を含むさまざまなステークホルダーへの対応を含めた総合的な評価に基づき、社会・経済に求められる不動産を評価・認証し、その取り組みを支援している。日本全国で現在までに130件を超える認証実績があり、多くの不動産事業者やJ-REITが不動産における環境・社会への配慮の取り組みを発信するために利用している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.