> > 政府、「40年に1回、原発事故が起きる想定」で電力コストを試算 8.9円/kWh

政府、「40年に1回、原発事故が起きる想定」で電力コストを試算 8.9円/kWh

 印刷 記事を保存

経済産業省は、26日、将来のエネルギーミックス(電源構成)の議論の参考とするため、各電源の発電コストの試算を行っている発電コスト検証ワーキンググループ(WG)の第3回会合を開催した。本会合では、原子力発電コストの算定方法について議論した。

2011年のコスト等検証委員会では、原子力発電の発電コストについて、発電に直接関係するコストだけでなく、廃炉費用、核燃料サイクル費用(放射性廃棄物最終処分含む)など将来発生するコスト、事故対応費用(損害賠償、除染含む)、立地交付金・研究開発等の政策経費といった社会的費用も織り込んで試算。

「事故リスク対応費用」について、2011年のコスト等検証委員会では、損害額を事業者間で相互に負担する考え方(共済方式)の下、モデルプラントが稼働している40年間に負担する額を事故リスク対応費用として計上している。また、この算定では、「40年に1回」事故が起きた場合に対応することを想定して、予め積立を行うものとした。

(※全文:822文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.