> > 災害廃棄物、収集・運搬・処分の再委託が可能に 改正政令が閣議決定

災害廃棄物、収集・運搬・処分の再委託が可能に 改正政令が閣議決定

記事を保存

政府は14日、非常災害時の一般廃棄物の収集・運搬・処分などについて、受託者が環境省令で定める者に再委託することを可能とする、廃棄物処理法の改正政令を閣議決定した。

政令の概要

通常、一般廃棄物の収集・運搬・処分などは、一律に再委託が禁止されている。しかし、今回の改正では、非常災害時においては、受託者が環境省令で定める者に再委託することが可能になる。

また、法律の施行に伴い、非常災害に係る一般廃棄物処理施設の設置の特例等が新設されるため、当該特例等に係る縦覧等に関して条例で定める事項として、(1)生活環境影響調査の結果を記載した書類の縦覧の場所及び期間、(2)一般廃棄物処理施設の設置に関し利害関係を有する者による意見書の提出先、提出等を定めるもの。

災害廃棄物を迅速に処理するために

今回の改正は、2015年3月24日に閣議決定された「廃棄物の処理及び清掃に関する法律(廃棄物処理法)」の一部改正と、「災害対策基本法」の一部改正に関する法律の施行に伴い連動して定められるもの。両方とも、非常災害により生じた廃棄物について処理の指針や処理施設の整備について定めるものだ。

今回はこれを円滑かつ迅速に処理するため、委託基準の一部を非常災害時に緩和するとともに、法律において政令委任された非常災害に係る一般廃棄物処理施設の設置の特例に係る縦覧などに関して条例で定める事項を定める。適用日は上記法律の施行の日(公布から20日後)に合わせられる予定。

【参考】
環境省 - 廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行令の一部を改正する政令の閣議決定及び意見募集(パブリックコメント)の結果について

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.