> > フロンガスなどの破壊量(分解量)、2014年度分のデータが公表

フロンガスなどの破壊量(分解量)、2014年度分のデータが公表

 印刷 記事を保存

経済産業省および環境省は、「特定製品に係るフロン類の回収及び破壊の実施の確保等に関する法律」という、フロン取り扱いに関する旧法に基づき、フロン類破壊業者から平成26年度分の報告を受け、その集計結果を取りまとたものを公表した。

集計結果の概要

1. フロン類の破壊量

平成26年度における、フロン類破壊業者が破壊(分解)したフロン類の量は約4,495トンであり、平成25年度の破壊量と比較して約0.6%増加した。フロン類の種類別に見ると、CFC(クロロフルオロカーボン)が約155トン、HCFC(ハイドロクロロフルオロカーボン)が約2,305トン、HFC(ハイドロフルオロカーボン)が約2,034トンであり、平成25年度に比べ、HFCの破壊量は約4.9%増加したものの、CFCの破壊量は約14.3%、HCFCの破壊量は約1.9%減少した。

2. 特定製品別の引取量

フロン類破壊業者が引き取ったフロン類の量を、フロン回収破壊法(旧法)による特定製品別に見ると、第一種特定製品(業務用冷凍空調機器)から回収したフロン類は約3,731トンで、平成25年度と比べ約1.4%増加していた。

(※全文:1,139文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.