> > 800万トンの災害廃棄物、たった3年で85%のリサイクルを完了

800万トンの災害廃棄物、たった3年で85%のリサイクルを完了

 印刷 記事を保存

「第13回 産学官連携功労者表彰」の国土交通大臣賞に、宮城県、東北大学などによる「巨大災害による膨大な廃棄物 世界初の大規模リサイクル利用」が選ばれた。災害廃棄物を新しい技術で有用な土木資材にリサイクルする取り組みだ。

東日本大震災により石巻ブロックでは110年分(800万トン、東京ドーム8杯分)の廃棄物が発生したが、同地域にはこの量を受け入れる最終処分場がないため、鹿島建設(東京都港区)など9社で構成する特定共同企業体で災害廃棄物のリサイクルを実施した。造粒固化技術により廃棄物を有用材にすることで、発災後3年で処理を完了し、リサイクル率は85%を達成した。

受賞者は、宮城県 環境生活部参与(当時)松崎富士夫氏、東北大学工学部 客員教授(当時)竹村公太郎氏、石巻ブロック災害廃棄物処理業務特定共同企業体所長(当時)佐々木正充氏。なお、8月28日に東京ビッグサイトにて表彰式が開催される。

「巨大災害による膨大な廃棄物 世界初の大規模リサイクル利用」のポイントは下記の通り。

(※全文:1,166文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.