> > 東京電力の新しいロゴマークが決定

東京電力の新しいロゴマークが決定

記事を保存
東京電力の新しいロゴマークが決定

東京電力は、来年度より転身する新会社「東京電力ホールディングス株式会社」のシンボルマークおよび各事業会社の商号などを発表した。

同社は2016年4月1日に、ホールディングカンパニー制へと移行する予定だ。各事業部門の特性に応じた最適な事業戦略を展開するため、分社化をはかる。

各事業会社の商号は、燃料・火力発電事業を担う「東京電力フュエル&パワー株式会社」、一般送配電事業を担う「東京電力パワーグリッド株式会社」、小売電気事業を担う「東京電力エナジーパートナー株式会社」。

また、同グループの新たなブランドスローガンは「挑戦するエナジー。」だ。「挑戦」には、「責任を果たすために競争にも勝ち抜いていくという決意」との意味が込められている。

電力業界は、2016年4月には小売市場の全面自由化、2020年には送配電部門の法的分離が予定されるなど大きな変革期迎える。同社は福島原子力事故の責任を果たすことを強調し、電気の安定的かつ低コストでの供給をめざす。

【参考】
東京電力 - ホールディングカンパニー制移行後の新ブランドについて

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.