> > ドイツで省エネ・スマートシティのフォーラム開催 日・独で産官学交流のチャンス

ドイツで省エネ・スマートシティのフォーラム開催 日・独で産官学交流のチャンス

記事を保存

エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、ドイツ連邦環境・自然保護・建設・原子炉安全省(BMUB)と共同で、10月27日(火)・28日(水)にドイツ・ベルリンで、第7回日独環境・エネルギーフォーラムを開催する。

今回のテーマは「地球温暖化問題の解決に資するスマートソリューションおよびエネルギーシステム」。地球環境問題やエネルギー問題の具体的な解決策に向けた、スマートシティや省エネルギー分野における技術開発・実証について、日独の最新の取り組みを報告し、意見交換を行う。

フォーラムは日独同時通訳で行う。参加費は無料。参加者定員は日独合わせて各日150名~200名程度。申込み締め切りは10月9日(金)。定員になり次第締め切る。

2007年以来、日本とドイツの交互開催で継続されてきた日独環境フォーラムは、先端技術をリードする日本とドイツの産官学からの代表者たちの密な交流のためののプラットフォームとして位置づけられている。今回も日独からのエキスパートに向けたプログラムが予定されている。

開催概要は以下のとおり。詳細や申込み方法等は申し込み専用サイトを参照のこと。

開催概要

日時:10月27日(火)・28日(水)

主なプログラム:【27日】10:00~17:00(9:30 参加者受付開始)

セッション1:「革新的な温暖化防止対策技術およびエネルギー技術がもたらす経済的、社会的効果」

  • 基調講演「温暖化防止対策技術 -ドイツ産業界にとってのチャンス」
    BMUB気象政策、欧州・国際政策課 課長フランツ ヨゼフ・シャフハウゼン氏
  • 基調講演「日本の省エネルギー推進政策-産業界の省エネ促進に向けて」
    経済産業省資源エネルギー庁省エネルギー・新エネルギー部政策課国際室 国際専門職 枝村暢久氏 ほか

セッション2:「革新的なエネルギーシステムと地球温暖化防止に向けたスマートシティ」

  • モデレーター NEDO国際部部長 山本雅亮氏
    「温暖化防止におけるスマートシティの役割」
  • プライスウォーターハウスクーパース ミヒャエル・ヤーン氏
    「スマートコミュニティにおける効率的でレジリエントなエネルギーマネジメント」
  • 名古屋大学 エコトピア科学研究所グリーンシステム部門教授 加藤丈佳氏
    「スマートシティー・ケルン -よりスマートに成長する温暖化防止地区」
  • ケルン市 気象保護コーディネイト課 課長 バーバラ・メーレンディック氏 ほか
    パネルディスカッション/質疑応答

レセプション

【28日】9:30~12:15(開場9:00)

セッション3:「省エネルギー、その戦略と技術」

  • モデレーター:ドイツエネルギー効率企業イニシャティブ協会(DENEF)専務理事 マルティン・ボーンホルト氏
    「ドイツにおけるエネルギー効率に向けたアクションプラン (NAPE):エネルギーからより多くを産み出す」
  • ドイツ連邦経済エネルギー省(BMWi) エネルギー効率・合理的エネルギー利用基幹政策課 ダービド・レアヒ氏
    「省エネルギーの実現に向けた技術開発による貢献 ̶産業界における熱利用の効率化」
  • NEDO省エネルギー部 主任研究員 楠瀬暢彦氏 ほか
    パネルディスカッション/質疑応答

会場は連邦政府プレス・ビジターセンター(ドイツ・ベルリン)。主催がNEDO、ドイツ連邦環境・自然保護・建設・原子炉安全省(BMUB)。後援をドイツ連邦経済エネルギー省(BMWi)、ドイツ連邦環境財団(DBU)、経済産業省(METI)から受ける。

【参考】
NEDO - 「第7回日独環境・エネルギーフォーラム」の開催

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.