> > 鬼怒川の自然堤防掘削、国土交通省が経緯を公表 「問題ないとは言ってない」

鬼怒川の自然堤防掘削、国土交通省が経緯を公表 「問題ないとは言ってない」

 印刷 記事を保存

記録的豪雨により茨城県常総市若宮戸地区で鬼怒川が氾濫した原因のひとつと指摘されている「太陽光発電事業者による自然堤防の掘削」について、国土交通省は、この事業者に堤防を削らないように申し入れるとともに、掘削後は土のうを設置するなどの対応を行っていたと発表した。

鬼怒川左岸25.35キロ付近の同地区では、堤防が築かれていない無堤部が約1キロにわたり存在しており、通称「十一面山」と呼ばれる丘陵部が自然の堤防の役目を果たしていた。鬼怒川の氾濫では、事業者がソーラーパネルを設置するために、この自然堤防を掘削したことが問題視されている。

この掘削について、「国土交通省が問題ないと回答していた、または黙認していた」と報じられていることを受けて、国土交通省関東地方整備局は、事実と異なる点があると反論した。同省は以下のように説明している。

(※全文:838文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.