> > 地中熱利用システムを提供する新事業に7000万円の融資 融雪・暖房ニーズ狙う

地中熱利用システムを提供する新事業に7000万円の融資 融雪・暖房ニーズ狙う

記事を保存
地中熱利用システムを提供する新事業に7000万円の融資 融雪・暖房ニーズ狙う

商工中金の旭川支店は、旭川信用金庫と協調し、有我工業所(北海道空知郡)が展開する「地中熱利用システム」事業に7000万円を融資する。これは、同事業の掘削機の設備購入資金で、融資比率は2つの金融機関が50%ずつ負担する。

地中熱利用システムは、地中熱ヒートポンプにより、無散水での道路や歩道の融雪や、暖房に利用するシステムだ。有我工業所は、2003年より掘削技術を活用した地中熱事業分野に進出。現在は、同グループ会社と「ARIGAグループ」ブランドを名乗り、地中熱を利用した建物の冷暖房や給湯システムを取り扱ってきた。

同社は、このシステムの引き合いが増えていることから、新たに高速振動掘削機を導入し、コストを抑え、環境負荷を低減する事業計画を策定しており、省エネ再生可能エネルギーの有効活用が評価され、融資を受けるに至った。

商工中金は、政府の「日本再興戦略」や日本銀行の「成長基盤強化に向けた取組み」等を踏まえ、民間投資が活発化していくことが期待されている「成長戦略分野」での成長を目指す中小企業などに積極的に融資を行っている。

【参考】
商工中金 - 商工中金が旭川信用金庫と協調して、「地中熱利用システム」の普及を進める株式会社有我工業所を金融面からサポート!(PDF)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.