> > 石炭火力発電所の新設に環境省「待った」 温室効果ガス対策不足で

石炭火力発電所の新設に環境省「待った」 温室効果ガス対策不足で

 印刷 記事を保存

環境省は、11月13日、秋田県秋田市および千葉県市原市に新設する石炭火力発電所について、日本が定めた温室効果ガス削減目標と矛盾することを理由に、新設を認めない趣旨の環境大臣意見を経済産業大臣に提出した。

対象になった秋田港発電所(仮称)建設計画(丸紅および関電エネルギーソリューション)は総出力約130万kWの石炭火力発電所を新設する事業。また、市原火力発電所建設計画は東燃ゼネラル石油千葉工場において、出力約100万kWの石炭火力発電所を新設する事業だ。

(※全文:962文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.