> > 日本の産業廃棄物、2013年度は1.5%増える 最終処分量は約11%減

日本の産業廃棄物、2013年度は1.5%増える 最終処分量は約11%減

 印刷 記事を保存

環境省は、2013年度における全国の産業廃棄物の排出・処理状況などについて調査した結果を取りまとめ公表した。産業廃棄物の総排出量は約3億8,470万トンで、前年比約1.5%の増加となっている。

業種別排出量では、「電気・ガス・熱供給・水道業(下水道業を含む)」からの排出量が最も多く、約9,799万トン(全体の25.5%)で、前年度と同様、上位5業種で総排出量の8割以上を占めている。

種類別排出量では、「汚泥」の排出量が最も多く、約1億6,417万トン(全体の42.7%)で、前年度と同様、「汚泥」、「動物のふん尿」、「がれき類」の上位3品目で総排出量の8割以上を占めている。

処理状況をみると、排出された産業廃棄物全体の53%にあたる約2億542万トンが再生利用され、3%にあたる約1,172万トンが最終処分された。最終処分量は2012年度に比べ約11%減少した。

しかし、1995年度から2013年度までの処理状況の推移でみると、2007年度までは再生利用量が増加し、最終処分量が減少する傾向が継続していたが、2008年度以降は、その傾向は弱まっている。

結果の概要は次のとおり。

(※全文:1,457文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.