> > 東京都、「東京地中熱ポテンシャルマップ」を公開 採熱可能量ごとに色分け

東京都、「東京地中熱ポテンシャルマップ」を公開 採熱可能量ごとに色分け

記事を保存
東京都、「東京地中熱ポテンシャルマップ」を公開 採熱可能量ごとに色分け

東京都は、地中熱の利用を促進するため、都内の地中熱の採熱可能量(ポテンシャル)の目安が一目でわかる「東京地中熱ポテンシャルマップ」を作成し、公式ウェブサイトで一般向けに公開した。

「東京地中熱ポテンシャルマップ」の特徴

  • 地中熱ポテンシャルを50メートル・250メートル毎にメッシュで表示し、その地点で地中熱がどのくらい採れるかの目安を提示
  • 地質情報、地下水位等から解析した採熱可能量の目安をメッシュごとに色分け
  • 建物の用途別に、必要となる熱交換器の本数の目安を表示(※建物の冷暖房、給湯を全て地中熱で賄った場合の理論値)

色が赤に近づくほど、より効率よく熱が採れることを表している。ただし青色は「採れる熱の量が赤い部分と比較すると少ない」ことを表すものであり、熱が全く採れないことを意味するものではなく、きちんと設計すれば青色の地点からも熱を採取できる。

都内の地中熱伝導率にも考慮、マップを見れば簡単に把握できる

また、このポテンシャルマップ上には熱伝導率を表す数値も表示されている。熱伝導率とは、「熱の伝わりやすさ」を表す数値のこと。地中は、粘土の層・細かい砂の層・石混じりの砂の層などがいくつも重なっており、それぞれ熱の伝わりやすさが異なるため、地面の下がどのような構造になっているかによって、地中から採れる熱の量が違う。 しかし、このポテンシャルマップは、東京都で所有している資料を活用して、都内の地中の構造を調べ、その場所での熱伝導率・地中から採れる熱の量の目安を色で示している。

「クローズドループ」方式のパイプの長さも一目瞭然

東京都内で地中熱を利用する場合、「クローズドループ」と呼ばれる、地中の熱を採るために掘った穴にパイプを通し、熱を運ぶための水や液体を循環させる方式が採用されている。同マップでは、クローズドループ方式を使って地中熱を空調などに利用する場合に、建物用途別に、地中の熱を採るためのパイプをどのくらいの長さにすればよいかの目安も表している。

なお、地中熱利用には、井戸から汲み上げた水を直接利用する「オープンループ」という方式もある。だが、東京都では法や条例に基づき、ほとんどの地域で地下水のくみ上げが規制されており、オープンループ式の地中熱利用はできない。

以上のような、地点ごとの採熱可能量の目安がわかることで、ポテンシャルマップは地中熱利用を検討する際の参考として活用できる。

東京都のマップ公開に至る経緯

今回の「東京地中熱ポテンシャルマップ」は、「東京都長期ビジョン」における、都市戦略・政策指針に係る事業のひとつ」である。年間を通して変化の少ない地中の温度を活用する地中熱は、天候や時間帯に影響されず、都内のどこでも利用できる再生可能エネルギーである。そのため、同ビジョンにおける政策指針「スマートエネルギー都市の創造」を実現するために一般事業者による地中熱利用促進を目指して、同マップは作成された。

【参考】
東京都 - 「東京地中熱ポテンシャルマップ」を公開します

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.