> > 熊本地震、被災した需要家に電気・ガスの特別措置 小売電気事業者も対象

熊本地震、被災した需要家に電気・ガスの特別措置 小売電気事業者も対象

 印刷 記事を保存

経済産業省は18日、熊本県熊本地方における地震で被災した家庭や事業者に対して、電気・ガス料金の支払い期間延長や一部免除など行う特別措置の認可を行ったと発表した。

今回の特別措置は、それぞれ九州電力が契約している顧客、西部ガスが契約している顧客を対象に実施する。また、九州電力は、新電力をはじめとした電力会社に対して、被災した需要家の供給地点に係る接続送電サービス料金などの料金算定日の延長などの措置を行う。これらの特別措置を受けるには、それぞれ九州電力、西部ガスの営業所に申し込みが必要となる。

今回の熊本地方における地震では、熊本県などにおいて多数の被害が生じたため、4月15日に熊本県内全45市町村に対して、災害救助法の適用が決定された。電気とガスの特別措置は、災害救助法が適用された市町村が対象となる。この災害特別措置は、災害救助法が適用された4月14日までさかのぼって適用される。

特別措置の概要は以下のとおり。

(※全文:2,430文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.