> > 北海道のガス会社8社が連携 合計85万件の需要家にむけ電力サービス販売

北海道のガス会社8社が連携 合計85万件の需要家にむけ電力サービス販売

記事を保存

北海道ガスは6日、4月より北海道内に住んでいる顧客を対象に販売を開始した家庭用・業務用への低圧電力「北ガスの電気」について、道内都市ガス事業者8社による販売受付を開始すると発表した。

道内都市ガス事業者は旭川ガス、釧路ガス、室蘭ガス、帯広ガス、苫小牧ガス、滝川ガス、岩見沢ガス、美唄ガスの8社。「北ガスの電気」の受付開始日は、帯広ガスと苫小牧ガスが5月16日で、残り6社は5月9日。

これまで北ガスグループを利用していない顧客に適用される電力量料金の割引率は1%だったが、これにより道内事業者の都市ガスを利用の顧客であれば3%(従量電灯Bメイト)が適用される。なお、既に「北ガスの電気」の申込みをしている道内事業者の都市ガスを利用の顧客については、6月請求分から3%が適用される。

すでに申し込み20,000件を突破

今回、3月15日に発表した「電力の販売に関する業務委託契約」に基づき、道内都市ガス事業者8社による「北ガスの電気」の受付を開始する。

2014年度の北海道ガスの顧客件数は、558,429件。北海道ガスと8社を合わせた顧客件数は855,760件になる。道内のより多くの顧客が「北ガスの電気」をお得に利用する体制を整備し拡販を図る。

北海道ガスでは「北ガスの電気」の申し込み件数が2万件を突破している。「北ガスの電気」の特徴として、すべての顧客に対して北海道電力の電力量料金から1%割り引いた電気を、また北ガスグループのガスを使用している顧客に対して一律3%割り引いた電気の提供(従量電灯Bの場合)や、環境にやさしい電源を道内で安定調達して提供すること等をあげている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.