> > 2017年度のエネルギー白書、閣議決定 日本のエネルギー業界レポート

2017年度のエネルギー白書、閣議決定 日本のエネルギー業界レポート

 印刷 記事を保存

政府は6月8日、エネルギー需給についての動向や2017年度に講じた施策の概況などをまとめた、2017年度「エネルギーに関する年次報告(エネルギー白書)」を閣議決定し国会に提出した。

2017年度はエネルギー基本計画の見直し検討の時期にあたったため、今回の白書では、2030年エネルギーミックス実現に向けた検討や、2050年を視野に入れた「エネルギー情勢懇談会」での検討の背景、内外の情勢変化などを中心に、情報収集・分析されている。

特に、日本のエネルギーセキュリティの現状や、主要国の温暖化対策の状況、2050年に向けたエネルギー技術の現状と今後の可能性について、深掘りされている。最後の章では、2017年度においてエネルギーの需給に関して講じた施策の概況について、エネルギー基本計画の章立てを参考にまとめられている。

また、2018年は明治維新から150年目の年であることから、明治維新以降のエネルギーをめぐる日本の歴史についても記載されている。概要は以下の通り。

(※全文:1086文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.