> > 「バルクリース」型の省エネ設備の補助金 複数施設での一括導入にメリット

「バルクリース」型の省エネ設備の補助金 複数施設での一括導入にメリット

記事を保存

環境省は7月15日より、2016年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(地域経済と連携した省CO2化手法促進モデル事業)の実施事業者の公募を開始した。公募期間は2016年8月9日(火)17時まで。

2016年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(地域経済と連携した省CO2化手法促進モデル事業)は、二酸化炭素排出量の大幅削減のための設備導入を加速化させることを目的に、バルクリース導入に係る費用の一部を支援するもの。

バルクリースとは、二酸化炭素の大幅な削減が期待される高効率な省エネ設備の導入が進んでいない、中小規模地方公共団体や事業者を対象に、複数の施設を一括で改修し、初期コストを低減しつつコストメリットを享受するリース方式を指す。

補助金交付の対象となる事業は、「導入調査事業」と「導入支援事業」の2事業。どちらも単独の事業者が実施するほか、複数の事業者と共同で行うことも可能だ。

公募対象者や補助金の交付額は、以下のとおり。

(※全文:1173文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

前後の記事

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.