> > 2020年に向け、エネルギー事業を展望するセミナー開催 東京・表参道

2020年に向け、エネルギー事業を展望するセミナー開催 東京・表参道

記事を保存
2020年に向け、エネルギー事業を展望するセミナー開催 東京・表参道

事業構想大学院大学附属事業構想研究所(東京・港区、学校法人日本教育研究団)は8月2日、エネルギー関連事業者および参入意志のある事業者を対象に、2020年に向けた新たな事業構想を考えていくセミナーを開催する。

同大学院は、これまでに、エネルギー分野だけでも、70社を超える企業経営者や新規事業担当者を指導。実際に、参加各社が自社の事業構想を考え、実践の指導をしてきた経緯があり、そのプロセスで、事業成功への様々なノウハウが蓄積されているとみられる。

また、各地域、各分野の企業経営者とのネットワークができており、アライアンス戦略を組むにあたって、同大学院のコミュニティは、ハブ機能としても活かせるという。

講師は、同大学院で中小企業~大企業まで経営コンサルティング実績の豊富な実務家教員のほか、元内閣府副大臣で産業行政に精通、政治家とも広い人脈をもつ谷本龍哉氏による政策動向の解説があるほか、月刊事業構想編集長で環境ビジネス編集室長による、最新事例動向も紹介する。

テーマは、改正FIT法、電力・ガス小売自由化、ネガワット市場、再エネ導入コスト低下、技術進展、ZEHZEB、などの最新動向を踏まえエネルギー事業の構想を考えていく。

開催日時は8月2日(火)15:15~17:00。場所は同大学(東京都港区南青山3―13―16、東京メトロ・表参道駅)にて。セミナーは、少人数を予定しており、参加人数枠には限りがある。申込は、下記ページより行う。

【参考】
事業構想大学院大学 - 新たなエネルギー事業構想の模索

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.