> > 「住宅版BELS」、取得第1号の省エネマンションが導入した技術とは

「住宅版BELS」、取得第1号の省エネマンションが導入した技術とは

記事を保存
「住宅版BELS」、取得第1号の省エネマンションが導入した技術とは

「ライオンズ広島加古町」外観完成予想図

大京(東京都渋谷区)は22日、9月下旬から販売開始予定の同社のマンション「ライオンズ広島加古町」が、省エネルギー性能表示の努力義務に対応した住宅・建築物として、共同住宅として初めて、BELS(ベルス)による第三者認証を取得したと発表した。

BELSのロゴマークは、3月から住宅のイラストが加わった

BELSのロゴマークは、3月から住宅のイラストが加わった

同省エネ性能表示制度は、1次エネルギー消費量をもとに、BELS評価機関が省エネルギー性能を客観的に評価し、5段階の星マークで表示するもの。従来この制度はビルなどが評価対象であったが、2016年4月から住宅も評価対象に新たに加わり、「住宅版BELS」制度がスタートした。同社のこのマンションは、住宅版の同制度開始後、共同住宅として初めての認証取得となった。

同物件は、地上15階建て、総戸数138戸、日本銀行広島出張所開業跡地に建設されたファミリー向け分譲マンションだ。今回、同物件が取得した評価は住居によって異なり、48戸が五つ星(1次エネルギー消費量20%以上削減)、残り90戸が四つ星(同15%以上削減)に格付けされた。

また、同物件はCO2の排出を抑制する「低炭素建築物認定マンション」に認定されたほか、建築物の燃費性能を示す指標「エネルギーパス認証」のSランクも取得している。同社はこのマンションを「次世代基準の省エネマンション」として販売する予定だ。販売予定価格は3,000万円台後半から8,000万円台。

BELS取得で評価された技術は?

風の通り道を作る、自然を活用した「パッシブデザイン」

風の通り道を作る、自然を活用した「パッシブデザイン」

※画像クリックで拡大

  1. グリーンカーテンフック
  2. 自然換気ストッパー付きサッシ
  3. 大型吸気口(150φ)
  4. エコガラス
  5. 木製建具アンダーカット
  6. 換気機能付き玄関ドア

省エネ性を実現する設備や機器

  1. 先進型複層ガラス「エコガラス」
  2. ぬくもりを保つ断熱浴槽
  3. 住宅内(専有部)と共用部に「LED照明」
節電・節水を実現する設備

節電・節水を実現する設備

なお、住宅版BELSの同評価制度は、既存住宅・新築物件・一戸建て・共同住宅問わず申請できる。また、非住宅部分のテナントやフロア、共同住宅等の住戸などの部分評価の申請も可能だ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.