> > 変換効率26.33%の結晶シリコン太陽電池が完成 180cm2の実用サイズ

変換効率26.33%の結晶シリコン太陽電池が完成 180cm2の実用サイズ

記事を保存
結晶シリコン太陽電池(ヘテロ接合バックコンタクト型)

結晶シリコン太陽電池(ヘテロ接合バックコンタクト型)

NEDOとカネカは14日、結晶シリコン太陽電池のセル変換効率で、現時点では世界最高となる26.33%を、セル面積180平方センチメートルの実用サイズで達成したと発表した。

今回、NEDOの「高性能・高信頼性太陽光発電の発電コスト低減技術開発」プロジェクトにおいて、カネカは、ヘテロ接合バックコンタクト型の結晶シリコン太陽電池を開発し、この記録を実現した。

この結晶シリコン太陽電池は、カネカが開発した高品質アモルファスシリコンを用いたヘテロ接合技術や、電極の直列抵抗を低減させる技術、太陽光をより効率的に利用できるバックコンタクト技術を組み合わせたものである。

太陽電池の変換効率の向上は、発電量の増加に加え、一定の発電量がより小面積で得られることから、太陽光発電システムの導入費等の低減にもつながる。現在導入が進む結晶シリコン太陽電池で26%を超えるセル変換効率を達成したことは、発電コストの低減に大きく寄与するとともに、設置面積が制限される住宅における太陽電池の更なる普及にも大きく貢献するものと期待される。

世界最高記録を達成した結晶シリコン太陽電池(ヘテロ接合バックコンタクト型)の構造模式図

世界最高記録を達成した結晶シリコン太陽電池(ヘテロ接合バックコンタクト型)の構造模式図

2020年には14円/kWh

NEDOとカネカは、発電コストの低減を目的として、高効率結晶シリコン太陽電池の開発を進めてきた。今回、カネカがNEDOプロジェクトで達成した記録は、これまでの結晶シリコン太陽電池の世界最高記録25.6%を約0.7ポイント更新するもので、セル変換効率26%を世界ではじめて突破した。

今後、NEDOとカネカは、発電コスト目標2020年14円/kWhと2030年7円/kWhの実現に向け、高効率と高信頼性を兼ね備えた太陽電池の低コスト化技術開発に取り組む。また、カネカでは、今回の成果を活用した高効率太陽電池の製品化を計画しており、製品の実用化に向け開発を進める。

太陽光発電は、発電コストが他の電源に比べ依然高いことから、コスト低減が重要な課題となっている。太陽電池の変換効率の向上は、太陽光発電における発電コストの低減に大きく寄与するため、世界中の企業、研究機関が技術開発に取り組んでいる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

前後の記事

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.