> > 太陽電池モジュール、産業用ではなく住宅用で新製品 変換効率は21.2%

太陽電池モジュール、産業用ではなく住宅用で新製品 変換効率は21.2%

記事を保存

東芝(東京都港区)は、太陽電池モジュールの新製品として「Sシリーズ」345Wモデル・253Wモデル、「Jシリーズ」240Wモデル、「GXシリーズ」255Wモデルの3シリーズ4製品を10月11日から順次販売開始する 。

最上位機種「Sシリーズ」では、実証レベルを除いた一般流通している量産レベルとしては世界最高水準となる、最大変換効率21.2%(※2016年9月1日時点、同社調べ)を実現した345Wモデルと、最大モジュール変換効率20.3%の253Wモデルを新製品として投入する。

(※全文:670文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.