> > 2016年上半期、照明器具の販売動向はLEDタイプが9割以上 民間調査

2016年上半期、照明器具の販売動向はLEDタイプが9割以上 民間調査

記事を保存

GfK ジャパン(東京都中野区)は、26日、家電量販店やインターネット通販などの販売実績データに基づく2016年上半期の国内販売動向について、屋内家庭用照明器具の販売台数が前年比2%減の570万台だったと発表した。

低価格帯のスタンドライトが人気

屋内家庭用照明器具に含まれるものは、シーリングライト、ペンダントライト、デスクスタンド、フロアスタンド、クリップライト。管球類は対象外。種別に見ると、スタンドライトは前年より6%増と好調で、100万台に達した。従来のスタンドライトの平均価格を大きく下回る2,000円前後の低価格帯が好調に推移したものと見られる。

シーリングライトとペンダントライトは前年よりやや減少

また、市場の65%を占めるシーリングライトの販売台数は前年より3%減少した。シーリングライトはLEDタイプへのシフトにより2011年ごろから増加傾向にあったが、ここ数年はその需要も落ち着いてきている。ペンダントライトも前年より2%減少した。

(※全文:1269文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.