> > 東京電力、米ベンチャーに出資 小型風力発電のリースで電力コストを削減

東京電力、米ベンチャーに出資 小型風力発電のリースで電力コストを削減

記事を保存
東京電力、米ベンチャーに出資 小型風力発電のリースで電力コストを削減

東京電力ホールディングスは30日、米国にて、商業施設等に小型風力発電設備を導入することで、電力コストを削減するソリューション事業を行うベンチャー企業United Wind社へ出資したと発表した。出資額は約50万ドル(約5000万円)、出資比率は約3%。

United Wind社の事業は、農家や商業施設を中心に、小型風力発電(10~100kW程度)をリース契約(20年間)により設置し、風況調査・分析からファイナンス・設置工事・製品保証・メンテナンス・撤去までをワンストップサービスで提供するものだ。顧客は初期投資が不要で、このサービスを活用することで、従来よりも10~15%程度の電力コストを削減することができるという。

United Wind社は、小型風力を活用した顧客ソリューション事業に特化した米国唯一の企業で、独自に開発した風況分析ソフトを活用し、顧客志向で新しい市場を開拓している。

東京電力HDは、出資を通じて、United Wind社が保有する技術やノウハウを獲得するとともに、今後は日本やアジアなどの海外における将来の事業展開の可能性についても検討していく。

海外ベンチャーへの戦略的投資における第1号案件

東京電力HDは、再生可能エネルギー蓄電池の普及や電力とITとの融合など世界のエネルギー市場の新たな潮流を踏まえ、社外からベンチャーキャピタリストを招聘し、先進的な技術やサービスを開発・保有するベンチャー企業への投資を検討・実施する体制を構築してきた。今回の出資は、その第1号案件となる。

東京電力HDは、電気事業のイノベーションを引き起こしうる新たなビジネスモデルや技術を有するベンチャー企業への出資を積極化することで、新たなナレッジを吸収・蓄積し、市場の激変に備えるとともに、電気事業の変革に挑戦していくとしている。

United Wind社は、小型風力機器を販売するTalco Electronics社と、風力発電に適した地点を分析するWind Analytics社が合併し、2013年に設立された。東京電力HDはUnited Wind社に人材を派遣し、同社の技術やノウハウに加え、ベンチャー精神・文化の獲得、徹底した顧客本位の意識を有する人材の育成につなげていく考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

前後の記事

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.