> > 日本で初めて「建物のCO2排出量」測定 安藤ハザマ、自社施設でCFP認定取得

日本で初めて「建物のCO2排出量」測定 安藤ハザマ、自社施設でCFP認定取得

記事を保存

安藤ハザマ(東京都)は、9月28日に自社所有施設での「カーボンフットプリント宣言認定」(CFP宣言認定)を取得した。

今回の認定取得で、材料や工法によるCO2削減ポイントをより効果的に把握することができるようになった。さらに、環境負荷低減の観点から材料・工法等の提案を行うことが可能になった。

建築物のCO2排出量が見える化

今回、CFP宣言認定を取得した建築物は、茨城県つくば市の技術研究所に隣接して建設した安藤ハザマの研修用宿泊施設「TTCつくば」。同施設の建設に伴うCO2排出量は、耐用年数65年あたり4,100t(1.5t/平米)と「見える化」された。「見える化」された情報は、建築物のライフサイクルにおける各段階や項目ごとに細分化でき、次のような目的に活用できる。

(※全文:1318文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.