> > 日本で初めて「建物のCO2排出量」測定 安藤ハザマ、自社施設でCFP認定取得

日本で初めて「建物のCO2排出量」測定 安藤ハザマ、自社施設でCFP認定取得

記事を保存
日本で初めて「建物のCO2排出量」測定 安藤ハザマ、自社施設でCFP認定取得

CFP算定結果の数値表示(見える化)

安藤ハザマ(東京都港区)は、9月28日に自社所有施設での「カーボンフットプリント宣言認定」(CFP宣言認定)を取得した。

今回の認定取得で、材料や工法によるCO2削減ポイントをより効果的に把握することができるようになった。さらに、環境負荷低減の観点から材料・工法等の提案を行うことが可能になった。

建築物のCO2排出量が見える化

今回、CFP宣言認定を取得した建築物は、茨城県つくば市の技術研究所に隣接して建設した安藤ハザマの研修用宿泊施設「TTCつくば」。同施設の建設に伴うCO2排出量は、耐用年数65年あたり4,100t(1.5t/平米)と「見える化」された。「見える化」された情報は、建築物のライフサイクルにおける各段階や項目ごとに細分化でき、次のような目的に活用できる。

  • 発注者、設計者、施工者の間でCO2排出量に関する情報を共有し、具体的なCO2削減対策などへ適用する
  • CO2削減ポイントをより効果的に把握し、発注者に対して、環境負荷低減の観点から材料・工法等の提案を行うことが可能となる
  • 「見える化」した情報を蓄積することで、建物種別や用途に応じた環境負荷の少ない材料・工法等の研究開発をより効率的に推進できる
CFPを活用した「TTCつくば」のカーボン・オフセット

CFPを活用した「TTCつくば」のカーボン・オフセット

同社が取得した認定におけるCFPの算定範囲は、運用時(建物の通常使用時)および設備に関しては対象外とし、躯体および仕上げに関する新築・改修時および廃棄・リサイクル時に限定されている。今回の実建築物への適用にあたって、鉄骨造、木造、プレキャスト造や混構造等のあらゆる構造種別についても算定できるようにCFP-PCRを拡張した。同施設では、CFPにより算出されたCO2排出量の一部(247t:資材製造段階と施工段階の排出量の10%)を、J-クレジット制度に登録されている地元茨城県などの森林間伐促進プロジェクトのクレジット購入や、自社保有のクレジットを活用することによりオフセットした。

CFPとは

カーボンフットプリント(CFP)とは、原材料の調達から廃棄・リサイクルに至るまでの商品・サービスのライフサイクル全体を通して排出される温室効果ガスの排出量をCO2に換算し数値で「見える化」し、商品・サービスに分かりやすく表示するしくみ。CFPを活用することにより建物などのライフサイクルの一部もしくは全体でのCO2排出量という定量的な指標に基づいたカーボン・オフセットが可能となる。CFPは第三者検証機関の承認を経て取得でき、信頼性の高い環境ラベルといえる。また、CFP宣言認定を取得するには、「カーボンフットプリント製品種別基準」を策定し、認定を受ける必要がある。

経済産業省でも普及拡大の検討進む

経済産業省は、9月15日にCFPに関する事業普及拡大に関する研究会を開催している。事業名は、CFPを活用したカーボン・オフセット制度(どんぐり事業)。どんぐり事業は、“どんぐりマーク”が付加された製品・サービスにポイントを付けて、当該商品・サービスの普及を促す制度。環境版ベルマークのような仕組み。ポイントを付与することで消費者へどんぐり製品等の訴求を図る。消費者は、集めたポイントの収集数に応じて地球温暖化防止等の様々な環境活動の応援等が可能になる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.