> > 北海道など寒冷地のZEH基準をクリアする住宅 ミサワホームが新発売

北海道など寒冷地のZEH基準をクリアする住宅 ミサワホームが新発売

記事を保存

ミサワホームは、大開口や吹き抜けを採用しながらも、最も厳しい北海道地域のZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)基準を標準仕様でクリアした、ファミリー向け住宅「Familink ZERO(ファミリンク ゼロ)」を、沖縄県を除く全国で10月8日に発売する。

木質系の、工場生産の部材を現場で組み立てるプレハブ住宅で、子育て世帯をメインターゲットに全国で年間100棟の販売を目指す。

ZEH基準で定められている8つの地域区分のうち、北海道を中心とした1・2地域においてZEH基準を満たすには、他の地域に比べてより高い断熱性能や創エネ性能の確保が求められる。

今回発売する1・2地域仕様の「Familink ZERO」では、南極・昭和基地の建物にも数多く採用されている同社の木質パネル接着工法をベースに、基礎部分の断熱性を高めたほか、アルゴンガス入りトリプルLow-Eガラスの樹脂サッシを標準採用するなどで建物全体の断熱性能を向上させた。これにより、快適性を重視しながらも1・2地域の強化外皮基準(UA 値0.40)をクリアする0.39を実現した。

(※全文:1401文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.