> > 奈良県のコープ、6連結式のコンテナ型植物工場を導入 障碍者雇用・農福連携へ

奈良県のコープ、6連結式のコンテナ型植物工場を導入 障碍者雇用・農福連携へ

記事を保存

日本アドバンストアグリは、株式会社ハートフルコープよしのが運営する植物工場施設(奈良県吉野郡)にコンテナ式・人工光型植物工場施設を導入した。本施設は同社の主力製品である植物育成用照明「3波長型ワイドバンドLED」を使用した完全閉鎖型の植物工場で、リーファーコンテナ(40ft)を6連結させた仕様となる。

施設は2016年9月15日に竣工し、今後はレタス類をはじめ、奈良県の伝統野菜の一つ、大和真菜の栽培へ展開される予定。ハートフルコープよしのは、奈良県内の産業振興と雇用の創出を掲げ、就労継続支援A型事業所として、植物工場の他、吉野川より採水した天然水の宅配水事業をおこなう工場も併設されている。


この記事は、たとえば

  • 植物工場の導入を検討する事業者にとって、他社の事例として参照できます。
  • 国内の自治体にとって、障碍福祉サービスの事例として参考にできます。
  • 照明器具などのメーカーにとって、植物工場におけるLED照明の採用事例として参照できます。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.