> > 山口県周南市、燃料電池車のカーシェアを開始 コンビナートの副生水素を供給

山口県周南市、燃料電池車のカーシェアを開始 コンビナートの副生水素を供給

記事を保存

山口県周南市は、2016年11月1日から2017年3月31日まで、水素利活用機器に係る実証事業として、燃料電池自動車(FCV)のカーシェアリングを実施する。

周南市に居住しているか、または周南市に向けて通勤・通学している人であれば、利用登録と予約を行うことで、月に5回まで、誰でも利用できる。

利用料は無料、自動車保険もすでに加入済みだが、返却時にはイワタニ水素ステーション山口周南で水素を満充填して返却しなければならない。また、返還後に利用者からアンケートを集める。

コンビナートの副生水素を地域で利用

周南市では、2015年4月から環境省より「地域連携・低炭素水素技術実証事業」の委託を受けており、水素利活用機器に係る様々な実証事業を行っている。水素事業を行うトクヤマ(山口県周南市)が代表申請者として応募し、共同実施者は総合化学メーカーの東ソー・山口県・周南市・下関市。

(※全文:1,171文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.