> > 公共施設への再エネ・省エネ・蓄電設備導入補助金、3次公募スタート

公共施設への再エネ・省エネ・蓄電設備導入補助金、3次公募スタート

記事を保存

環境省は10月6日に、公共施設のCO2排出量を削減するモデル事業への補助金について、三次公募を開始した。

今回は三次公募で、平成28年度はすでに5月に一次公募、8月に二次公募が実施されている。

一次公募では岩手県北上市、二次公募では岡山県瀬戸内市の事業モデルがそれぞれ採択され、都道府県・自治体を主体とした地域全体のCO2削減の取り組みが広がってきている。

再エネ、省エネ、蓄電設備導入に補助金が

この事業の名称は、二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(公共施設等先進的CO2排出削減対策モデル事業)。環境省が交付する、公共施設をはじめとした地域全体の施設が排出するCO2を削減させるための先進的な事業モデルを支援する補助金である。

具体的には、太陽光発電などCO2排出量の少ない再生可能エネルギー発電所を活用し発電した電気を地域内の施設に供給したり、公共施設に省エネ改修を施したり、災害時などで電力会社からの電力供給が停止した場合においても自立的に電力を供給・消費できる『マイクログリッド』と呼ばれるエネルギーシステムや熱システムを構築するなど、CO2削減・省エネ・防災といった目的を複合的に満たす事業へ交付される補助金で、補助率は事業経費総額の3分の2にのぼる。

下記の項目全てが満たされている事業が応募対象となる。

(※全文:1271文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.