> > 「2016年夏、電力供給は余裕だった」「冬も大丈夫そう」 OCCTOの報告書

「2016年夏、電力供給は余裕だった」「冬も大丈夫そう」 OCCTOの報告書

記事を保存

電力広域的運営推進機関(OCCTO)は18日、最新の「電力需給検証報告書」をとりまとめ公表した。

この報告書は、OCCTOが9月以降、2016年度夏季の電力需給実績および2016年度冬季の電力需給見通しの検証を行い、同機関の「調整力および需給バランス評価等に関する委員会」で専門家による審議を経てとりまとめられたもの。

2016年度夏季の電力需給の結果分析

夏の供給は安定していた

供給面では、火力発電の計画外停止件数が震災前を下回るなど、十分な供給力が確保できた。また、需要面では、ほとんどの地域で想定ほどの猛暑とはならず、節電の定着もあいまって、全国大でみれば需要が想定を大きく下回った。その結果、2016年度夏季の需給は最大需要日においても安定した状況だった。

これは、発電事業者が、昨年までと同様に巡視点検の強化や定期検査の延期等を行い適切に夏に備えたことに加え、国民が節電の努力を継続していることによって実現したものであり、安定供給の維持のため、今後もこうした取組みが継続されることを期待したい。

なお、今回の検証を通じ、節電がかなり定着している状況であると確認できたため、来年以降は実態を踏まえた検証ができるよう、需要想定への反映について検討を進る。需給両面での検証結果のポイントは下記の通り。

(※全文:2864文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.