> > 南極のオゾンホール、まだ大きい(南極の1.6倍) しかし小さくなってきている

南極のオゾンホール、まだ大きい(南極の1.6倍) しかし小さくなってきている

記事を保存
南極のオゾンホール、まだ大きい(南極の1.6倍) しかし小さくなってきている

オゾンホールの面積の経年変化

気象庁は、11月16日、今年の南極上空のオゾンホールの最大面積が、過去10年間の平均値と同程度であり、依然として規模の大きな状態が継続していることを発表した。

少し小さくなっているけど、まだまだ大きい

気象庁が米国航空宇宙局(NASA)の衛星観測データを基に解析した結果、 2016年の南極オゾンホールは、例年と同様8月上旬に現れ、中旬に急速に拡大し、9月28日に今年の最大面積である2,270万平方キロメートル(南極大陸の約1.6倍)まで拡大した。

この最大面積は過去10年間の平均値と同程度であり、依然として規模の大きな状態が継続していることを示している。その後一時的に大きくなることはあったが、10月中旬以降は縮小している。最近10年間と比較すると2016年のオゾンホール面積は、概ね同程度または小さく推移しており、オゾンホールの最大面積歴代4位を記録した2015年に比べ、今年は小さい。これは、オゾン層破壊物質の濃度は緩やかに減少していることを示している。しかし、依然としてオゾンホールの規模の大きな状態が継続していることに変わりはない。

オゾンホール面積の推移(2016年11月11日の観測データまで)

オゾンホール面積の推移(2016年11月11日の観測データまで)
赤い線が2016年、オレンジ色の線が2015年だ

オゾンホールをなくすには、あと30年以上かかる

オゾンホールは、南半球の冬季から春季にあたる8~9月ごろ発生、急速に発達し、11~12月ごろに消滅するという季節変化をしている。

気象庁ではオゾンホールの面積を、「南緯45度以南におけるオゾン全量が220m atm-cm以下の領域の面積」と定義している。また、オゾンホール内のオゾン全量の最低値(最低オゾン全量)は、オゾンホールの深まりの目安となる量である。気象庁ではオゾンホールの面積や最低オゾン全量を米国航空宇宙局(NASA)提供の日別の衛星データをもとに算出している。

南極オゾンホールの大きさの変化を長期的にみると、1980年代から1990年代半ばにかけて急激に規模が大きくなったが、その後拡大傾向はみられない。オゾンホールの規模は南極上空の成層圏の気象状況によって年々変動するが、長期的には成層圏のオゾン層破壊物質の濃度に伴って変化する。オゾン層破壊物質の濃度は1990年代以降ピークを過ぎ緩やかに減少しているものの、依然として高い状態にあり、南極上空ではオゾン層の大規模な破壊が続いている。

オゾン層保護に対する取り組みとしては、フロンなどオゾン層破壊物質により上空のオゾン量が減少すると、地上に到達する有害紫外線が増加し、人の健康や生態系に悪影響を及ぼすことから、1985年からオゾン層を破壊する原因物質の生産と消費が国際的な合意に基づいて規制されている。

世界気象機関(WMO)と国連環境計画(UNEP)の報告によると、南極上空のオゾン層が、オゾンホールがほぼ見られなかった1980年の水準に回復するのは、今世紀半ば以降になると予測されている。その他、詳細は気象庁ホームページを参照のこと。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.