> > 南極のオゾンホール、まだ大きい(南極の1.6倍) しかし小さくなってきている

南極のオゾンホール、まだ大きい(南極の1.6倍) しかし小さくなってきている

記事を保存

気象庁は、11月16日、今年の南極上空のオゾンホールの最大面積が、過去10年間の平均値と同程度であり、依然として規模の大きな状態が継続していることを発表した。

少し小さくなっているけど、まだまだ大きい

気象庁が米国航空宇宙局(NASA)の衛星観測データを基に解析した結果、 2016年の南極オゾンホールは、例年と同様8月上旬に現れ、中旬に急速に拡大し、9月28日に今年の最大面積である2,270万平方キロメートル(南極大陸の約1.6倍)まで拡大した。

この最大面積は過去10年間の平均値と同程度であり、依然として規模の大きな状態が継続していることを示している。

(※全文:1317文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.