> > 集え!次世代の省エネ技術を開発する企業 NEDOの研究開発補助金、公募中

集え!次世代の省エネ技術を開発する企業 NEDOの研究開発補助金、公募中

記事を保存
集え!次世代の省エネ技術を開発する企業 NEDOの研究開発補助金、公募中

事業概要図

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、高い省エネ効果が見込まれる技術開発を支援する、「戦略的省エネルギー技術革新プログラム」を募集している。

この事業は、「省エネルギー技術戦略」で掲げる重要技術を中心に、2030年には高い省エネ効果(原油換算で年間10万kL以上の省エネ効果)が見込まれる省エネルギー技術について、事業化までシームレスに技術開発を支援するもの。事業期間は、2012年度から2021年度まで。2016年度予算は77.5億円。

各年度の公募によって、技術の実用化に向けた研究開発が採択される。「実用化開発」および「実証開発」フェーズに関しては、開発期間中に中間審査を経て、支援の継続可否が決定される。

各フェーズの支援概要は下記の通り。

研究開発フェーズ インキュベーション研究開発 実用化開発 実証開発
研究開発期間 2年以内 3年以内 3年以内
年間総事業費上限額
補助率
2千万円程度/年
補助率:2/3
3億円程度/年
補助率:2/3
10億円程度/件・年
補助率:1/2
概要 大学等の技術シーズ等を活用し、課題解決への具体的手法や、事業化の見通しの明確化を図るなど、開発・導入シナリオの策定等を行うために、実用化開発、または実証開発の事前研究を行う。 既に企業や大学等が有している技術やノウハウ等をベースとして、省エネルギーに資する応用、転用を図る技術開発であって、本開発終了後、原則として、3年以内に製品化を目指す実用化開発を行う。 実証データを取得するといった技術開発など、事業化を阻害している要因の克服、または、より着実な事業化を実現する一助となるものであって、本開発終了後、原則として、速やかに製品化を目指す実証等を行う。

なお、今年9月に「省エネルギー技術戦略」は重点的に取り組むべき技術14分野を特定するとともに、技術開発の進め方や導入シナリオを取りまとめるなど見直しが行われ、新たに「省エネルギー技術戦略2016」として策定された。

省エネルギー技術戦略2016 重点的に取り組むべき技術14分野

省エネルギー技術戦略2016 重点的に取り組むべき技術14分野

同事業による成果の一例は、パナソニックの「連続発振4.5Wの高出力青紫半導体レーザ(レーザ加工機等の小型化・省エネ化に貢献)」、四国計測工業の「超高輝度・大光量のLED 高天井照明」など。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.