> > 沖縄県の中小企業・琉球大学など、省エネ・再エネで連携 セミナーも開催

沖縄県の中小企業・琉球大学など、省エネ・再エネで連携 セミナーも開催

 印刷 記事を保存

沖縄スマートアイランドプロジェクト(OSIP:オーシップ)は、「沖縄におけるスマートコミュニティの可能性を探る!」をテーマに、第4回一般公開セミナーを12月12日(月)に開催する。入場は無料。定員50名で参加申込み期限は12月9日(金)まで。

このセミナーでは、一般からビル・工場のオーナー・地方自治体の担当者までを対象に、パネルディスカッションを通じて、「市民の立場」から考えるスマートコミュニティや、エネルギーと持続可能なまちづくり、沖縄県「宮古島」におけるスマートコミュニティの取組み等について考える。

中小10社が連携して省エネサービスを提供

OSIPは、沖縄県産業振興公社の平成28年度中小企業課題解決プロジェクト推進事業において、沖縄の省エネ再エネを推進するコンソーシアムとして、県内で関連事業を展開する10の企業・団体が設立した組織。琉球大学工学部やスマートエナジー沖縄などが協力企業・団体として参画する。

(※全文:973文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.