> > 太陽光発電所の土地造成、千葉県は地下水汚染などの心配ナシ

太陽光発電所の土地造成、千葉県は地下水汚染などの心配ナシ

 印刷 記事を保存

千葉県は6日、現在、主に太陽光発電パネル設置の土地造成用の建設資材として使用されている「再生土等」の埋立て等による周辺環境への影響を未然に防止するため、9月15日から開始した、指針に基づく埋立事業者等に対する行政指導の状況について報告した。

県では、再生土等の埋立て等による土壌、地下水等の汚染および崩落等の災害の発生を未然に防止し、県民の生活環境を保全するため、事業者等を指導するに当たり、共通する指導指針を定めた「再生土等の埋立て等に係る行政指導指針」を策定した。この指針に基づき事業者等に対し指導を行い、2016年9月15日から11月15日までの期間に、6件の計画書の提出があり、延べ145回の立入調査等を実施した。

(※全文:923文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.