> > パッシブデザインを活かしたZEHが発売 屋根面で集めた太陽熱をうまく分配

パッシブデザインを活かしたZEHが発売 屋根面で集めた太陽熱をうまく分配

 印刷 記事を保存

エアサイクルハウジング(東京都中央区)は、無垢の木と自然素材を用いたゼロエネルギー住宅「クルクルZEH(ゼッチ)」を開発した。

この住宅はパッシブデザインをベースにしたZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)仕様で、高断熱の建物に高効率の省エネ設備太陽光発電パネルを搭載。光や風といった自然エネルギーを十分に活用するという同社の基本的な考えに加え、断熱性や省エネ性を高めることで、健康で快適な住環境の提供を目指したもの。

パッシブデザインが特徴

同社は、「パッシブソーラー」、「外張り断熱」、「躯体内通気」にを技術の特徴とする。「パッシブソーラー」では、屋根頂部のスーパー越屋根と基礎外周部床下に設けた換気口を、夏季は開放して熱を排出するとともに、自然風を取り入れて建物の温度上昇を抑える。冬期はこれらの換気口を閉めるとともに、屋根面で集めた太陽熱を建物全体に分配し、建物全体の温度を高める。

(※全文:882文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.