> > 省電舎・東芝・NTTスマイルエナジー、3社連携で太陽光発電メンテナンス事業

省電舎・東芝・NTTスマイルエナジー、3社連携で太陽光発電メンテナンス事業

 印刷 記事を保存
省電舎・東芝・NTTスマイルエナジー、3社連携で太陽光発電メンテナンス事業

太陽光発電設備メンテナンス事業のメンテナンススキーム
こちらをクリックすると拡大します

省電舎(東京都港区)の子会社ドライ・イー(東京都港区)は18日、東芝ITサービス(神奈川県川崎市)、NTTスマイルエナジー(大阪府大阪市)と、三社連携で太陽光発電設備メンテナンス事業を実施すると発表した。サービス開始は3月1日からの予定だ。

2012年の固定価格買取制度の導入後、初期に建設された太陽光発電設備はメンテナンスの契約がないまま数年経過している場合がある。

そんななか、ドライ・イーでは自社が施工した設備だけでなく、他社が施工した設備についてもメンテナンス業務を依頼されるケースが増加している。同社は、近年の太陽光発電設備のメンテナンス需要の高まりに着目し、3社で連携することで、国内における太陽光発電設備のメンテナンススキームを構築した。

同事業では、50kW未満の低圧太陽光発電所が契約対象だ。NTTスマイルエナジーが提供する太陽光発電遠隔モニタリングサービス「エコめがね」を活用し、東芝ITサービスが発電状況をモニタリングするとともに、障害発生時の顧客への連絡など必要に応じて現地での一時的対応を行う。また、ドライ・イーが顧客との契約先となり、通常メンテナンスおよび、必要な場合はメンテナンスとは別途に改修・修繕工事も請け負う。

3月からのサービス提供に向け、契約申込みは1月中に開始される予定だ。申込み方法などは決まり次第、同社のホームページで告知される。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.