> > 世界大手企業13社が集結、Hydrogen Council(水素協議会)が発足

世界大手企業13社が集結、Hydrogen Council(水素協議会)が発足

 印刷 記事を保存
世界大手企業13社が集結、Hydrogen Council(水素協議会)が発足

トヨタ自動車、本田技研工業、川崎重工業など、エネルギー・運輸・製造業の世界的なリーディングカンパニー13社で構成されるHydrogen Council(水素協議会)が17日、水素利用を促進する活動体として、スイスのダボスにて発足した。第一回目の会合には13人のCEOおよび会長らが参加した。

同協議会は、水素利用の促進を目的とし、政策立案者、ビジネス界、水素を利用する企業、国際組織、市民団体などの各方面の関係者が協働し、水素利用の推奨策や効果的な実行計画を策定し、共同目標を達成するため設立された。

今回の発足に関わったメンバーは、水素や燃料電池の開発と商業化に関して現時点で約14億ユーロ(約1,714億円。2017年1月11日の為替レート換算)と推定される大規模な投資を、さらに加速させていくことを確認した。

議長の片方はトヨタ自動車

同協議会の共同議長はエア・リキードとトヨタ自動車の2社が務める。

エア・リキードのブノワ・ポチエCEOは、下記のようなコメントを寄せた。

発電事業や家庭向けエネルギーおよび自動車の水素エネルギーへの移行は、協議会のメンバー各社の活動に加え、大規模なインフラ投資計画など、政府のサポートが必要となるため、今回の会合でメンバー各社のリーダーへの呼びかけが大きな原動力となると確信している。

また、トヨタ自動車の内山田竹志会長からも、下記のようにコメントを寄せた。

同協議会は水素技術とその便益を世界に示し、政府や産業界および一般市民の協力や相互理解を得ることを目指しており、水素が運輸分野だけでなく産業界やバリューチェーン全体で、低炭素社会への移行を支えていくポテンシャルがあると認識し、この移行を積極的に推進していく。

Hydrogen Councilメンバー

同協議会に参加する13の企業は下記の通り。

Hydrogen Council(水素協議会)メンバー

  • Air Liquide(エア・リキード)
  • Alstom(アルストーム)
  • Anglo American(アングロ・アメリカン)
  • BMW Group(BMWグループ)
  • Daimlar(ダイムラー)
  • Engie(エンジー)
  • 本田技研工業
  • Hyundai Motor(ヒュンダイ)
  • 川崎重工業
  • Royal Dutch Shell(ロイヤル・ダッチ・シェル)
  • Linde Group(リンデグループ)
  • Total(トタル)
  • トヨタ自動車

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.