> > 世界大手企業13社が集結、Hydrogen Council(水素協議会)が発足

世界大手企業13社が集結、Hydrogen Council(水素協議会)が発足

 印刷 記事を保存

トヨタ自動車、本田技研工業、川崎重工業など、エネルギー・運輸・製造業の世界的なリーディングカンパニー13社で構成されるHydrogen Council(水素協議会)が17日、水素利用を促進する活動体として、スイスのダボスにて発足した。第一回目の会合には13人のCEOおよび会長らが参加した。

同協議会は、水素利用の促進を目的とし、政策立案者、ビジネス界、水素を利用する企業、国際組織、市民団体などの各方面の関係者が協働し、水素利用の推奨策や効果的な実行計画を策定し、共同目標を達成するため設立された。

今回の発足に関わったメンバーは、水素や燃料電池の開発と商業化に関して現時点で約14億ユーロ(約1,714億円。2017年1月11日の為替レート換算)と推定される大規模な投資を、さらに加速させていくことを確認した。

(※全文:992文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.