> > 「省エネ法・温対法電子報告システム」の使い方 環境省が全国で説明会

「省エネ法・温対法電子報告システム」の使い方 環境省が全国で説明会

 印刷 記事を保存

環境省は5月17日、地球温暖化対策推進法に基づく温室効果ガス排出量の算定・報告を適切に実施し、省エネ法・温対法電子報告システムを活用してもらうため、全国10か所で「温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度説明会」を開催することを発表した。開催期間は2017年5月29日(月)から6月30日(金)まで。

電子報告システムで報告書作成が楽に、ミスも削減

省エネ法・温対法電子報告システムを導入すると、報告書入力補助や報告書作成の省力化、報告書提出の電子化による事業所管省庁への一括提出などによる事業者業務の軽減、入力項目のチェックをすることでのミスの軽減、事業者~省庁間のコミュニケーションの向上などの効果が期待できる。

この説明会では、温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度について、制度の概要、排出量の算定方法、報告書の記入方法、省エネ法・温対法電子報告システムの利用方法などについて説明する。また経済産業省の担当官による、省エネ法に関する説明も行う。

説明会は、札幌で6月8日(木)、仙台で6月2日(金)、東京で6月6日(火)と6月27日(火)、名古屋で6月12日(月)、金沢で6月23日(金)、大阪で6月19日(月)、広島で6月14日(水)、高松で5月29日(月)、福岡で6月30日(金)に行われる。いずれも開催時間は13:30~17:00の予定。

参加費は無料で、参加希望者は申込WEBサイトからの事前申し込みが必要となる。申込みは先着順で受け付け、申込みが完了すると「参加証」が登録メールアドレスに送信される。

説明会当日は参加証をプリントアウトし持参すること。参加賞の提示がない場合は会場に入れない可能性があるので注意が必要である。その他場所などの詳細は環境省ホームページを参照のこと。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.