> > 2017年の「エネ合補助金」公募開始 EMS導入で補助率1/2

2017年の「エネ合補助金」公募開始 EMS導入で補助率1/2

 印刷 記事を保存
2017年の「エネ合補助金」公募開始 EMS導入で補助率1/2

環境共創イニシアチブ(SII)は5月25日、「工場・事業場単位」と「設備単位」の両面から事業者の省エネ設備導入を支援する「平成29年度エネルギー使用合理化等事業者支援事業(以下、エネ合補助金)」の公募を開始した。

予算額は約234億円。公募期間は6月26日(12:00必着)まで。交付決定は8月下旬を予定。事業期間は交付決定日から2018年1月31日まで。

2017年度のエネ合補助金では、「I.工場・事業場単位での省エネルギー設備導入事業」と「Ⅱ.設備単位での省エネルギー設備導入事業」の2つの補助事業を設けている。補助対象者は企業と個人事業主で、設備投資の内容にあわせて補助事業を選んで応募する。補助事業の概要は以下の通り。詳細はSIIのホームページを参照のこと。

I.工場・事業場単位での省エネルギー設備導入事業

以下の3つで構成される。いずれも投資回収年が5年以上の事業が対象。「エネルギー使用量が1,500kl以上の工場・事業場」と「中小企業に該当しない会社法上の会社」は省エネ法の中長期計画等に記載されている事業のみが対象となる。また、トップランナー制度対象機器を導入する場合は、トップランナー基準を満たす機器のみを補助対象とする。

(ア)省エネルギー対策事業

省エネ設備への更新・改修等、計測・見える化等の機能を備えたエネルギーマネジメントシステム(EMS)の新設により省エネを達成する事業で、下記いずれかを満たす必要がある。

  1. 工場・事業場の省エネ率が1%以上(単位:kl)
  2. 工場・事業場で使用量を1,000kl以上削減(省エネ量)
  3. 費用対効果が補助対象経費 1,000万円あたり省エネ量200kl以上
  4. エネルギー消費原単位の改善率1%以上(単位:kl)

(イ)ピーク電力対策事業

ピーク電力対策時間帯の電力使用量を削減するため、蓄電池、蓄熱システム、自家発電設備を新設する事業。下記いずれかを満たす必要がある。

  1. ピーク対策効果率が5%以上(単位:kWh)
  2. ピーク対策時間帯で使用する電力を190万kWh以上削減(ピーク対策効果量)
  3. 費用対効果が補助対象経費1,000万円あたりピーク対策効果量80万kWh以上
  4. ピーク対策原単位の改善1%以上(単位:kWh)

(ウ)エネマネ事業

  1. SIIに登録された計測・見える化等の機能を備えたエネルギーマネジメントシステム(EMS)を用いて、エネマネ事業者と「エネルギー管理支援サービス」を契約し、より効果的な省エネルギー対策を実施する事業
  2. 「EMSの制御効果と省エネ診断等の運用改善効果」で省エネ率2%以上を達成する事業(単位:kl)または 工場・事業場のピーク対策効果率10%以上を達成する事業(単位:kWh)

申請パターンとして、上記(ア)、(イ)、(ウ)それぞれの申請要件を満たせば、組み合わせて申請することもできる。補助対象の経費は設計費、設備費、工事費の3つ。

補助率は補助対象経費の1/3以内だが、(ウ)単独や(ウ)を組み合わせた事業は補助率が1/2以内に上がる。また、上限額は1事業あたり年間15億円。また、下限額は1事業あたり年間100万円。

II.設備単位での省エネルギー設備導入事業

既設設備を一定以上の省エネ性の高い設備に更新する事業。更新設備は高効率照明、高効率空調、産業ヒートポンプ、業務用給湯器、高性能ボイラ、高効率コージェネレーション、低炭素工業炉、変圧器、冷凍冷蔵庫、産業用モータの10の設備区分から選ぶ。

補助対象の経費は設計費のみ。補助率は補助対象経費の1/3以内で、上限額は1事業あたり3,000万円、下限額は1事業あたり50万円。ただし中小企業者、個人事業主は30万円。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.