> > 自動車の燃費、「市街地」「高速道路」など走行環境ごとの表示が義務化

自動車の燃費、「市街地」「高速道路」など走行環境ごとの表示が義務化

 印刷 記事を保存

国土交通省と経済産業省は7月4日、カタログ等における乗用車の燃費に「市街地」、「郊外」、「高速道路」といった走行環境毎の燃費を追加表示することを義務付けると発表した。

燃費の表示内容変更にあたっては、試験方法も変更する。従来、燃料消費率は日本独自の試験方法である「JC08モード」により表示されていたが、今後は燃費の国際的な試験法である「WLTCモード」が国内に導入される。

燃費の表示内容は、WLTCモードで測定した全体の燃費に、市街地モード、郊外モード、高速道路モードの3つを併記することになる。

表示内容の切り替えは、2017年夏以降、WLTCモード燃費が算定された乗用車から順次行う。また2018年10月以降発表の新型車は、WLTCモード燃費の表示が義務化される。

(※全文:827文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.