> > モデルとなる「グリーンボンド」の発行事例を募集 環境省がPRに協力

モデルとなる「グリーンボンド」の発行事例を募集 環境省がPRに協力

 印刷 記事を保存

環境省は7月21日、「平成29年度グリーンボンド発行モデル創出事業」において、「グリーンボンドガイドライン2017年版」に適合し、かつモデル性を有すると考えられるグリーンボンドの発行事例を募集すると発表した。

本事業は、モデルとなる発行事例をPRすること等を通じて、グリーンボンドを国内でさらに普及させることを目的としている。

応募できるのは、国内の独立行政法人、地方公共団体その他の公的機関、国内に本店または主たる事務所を有する法人であって、グリーンボンドを2017年度に発行する予定がある者。事業実施期間は2018年3月31日まで。公募実施期間は7月21日(金)~8月14日(月)17時まで。

本事業では、選定したモデル発行事例にかかわるグリーンボンドが正式に発行された後、ガイドラインに掲げる「グリーンボンドに期待される事項」等との適合性を確認する。

適合性が確認されると、その旨を公表(環境省ホームページへの掲載等を想定)すること等を通じて、応募者が行うPRに協力する。また、応募者はグリーンボンド発行後、ガイドラインに準拠したレポーティングを実施する。

(※全文:907文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.