> > 省エネ技術開発、事業者間の共通課題をさがす調査事業 NEDOが公募

省エネ技術開発、事業者間の共通課題をさがす調査事業 NEDOが公募

 印刷 記事を保存

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は9月6日、「省エネルギー技術開発に関する事業者間の共通課題等の検討」について調査を行う委託事業者の募集を開始した。

同調査は、資源エネルギー庁とNEDOが策定した「省エネルギー技術戦略2016」に掲げる「重要技術」であって、業界の共通課題と異業種にまたがる課題の解決に向けた革新的な技術開発や、新技術に関する統一的な評価手法の開発など、複数の事業者が相互に連携・協力して取り組むべき技術課題を抽出することを目的として実施されるもの。

具体的な業務内容は下記の通り。

(※全文:1975文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.