> > CCSを省エネで実現する新技術 関西電力の火力発電所で実験スタート

CCSを省エネで実現する新技術 関西電力の火力発電所で実験スタート

 印刷 記事を保存

地球環境産業技術研究機構(RITE/京都府木津川市)・川崎重工業(神戸市中央区)・関西電力(大阪市北区)は9月19日、省エネルギー型二酸化炭素分離・回収システムの実用化試験を、京都府舞鶴市の関西電力舞鶴発電所内で実施すると発表した。

この試験は、経済産業省の「CO2分離・回収技術の研究開発事業」に基づくもので、火力発電所などから排出される排ガス中の二酸化炭素を、従来より少ないエネルギーで分離・回収して、温室効果ガスの削減に寄与するもの。同発電所に、40トン-CO2/日規模の実用化試験設備を設置する。実用化試験は、2019年度以降の予定。

試験では、発電所の煙道から排出ガスを抜き取り、川崎重工が開発したKCC(Kawasaki CO2 Capture)移動層システムによりCO2を分離・回収する。今回の試験では、回収したCO2は再度煙道へ戻す。KCC移動層システムには、RITEが開発したCO2用固体吸収材を活用する。

(※全文:1168文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.