> > 「環境人材」育成の取り組み、政府が表彰 SDGsにあわせ企業価値を高く

「環境人材」育成の取り組み、政府が表彰 SDGsにあわせ企業価値を高く

 印刷 記事を保存

環境省は9月21日、自社社員を環境人材に育成する取り組みを行う企業を表彰する「環境人づくり企業大賞2017」の募集を開始した。

これは、地球環境と調和した企業経営の必要性を認識し、その実現のため自ら進んで行動する自社社員の育成にかかわる取り組みを行う事業者を表彰するもの。応募企業は「大企業」又は「中小企業」のいずれかに区分し、環境大臣賞1点・優秀賞5点程度・奨励賞がそれぞれ区分ごとに与えられる。大企業と中小企業との詳しい区分けは、開催概要を参照のこと。

応募資格は、日本国内の企業。営利企業のみならず、公益法人や独立行政法人等を含む。事業所・工場単位での応募も可能だ。企業が自ら雇用する社員の育成のために行う取り組みであることと、継続して過去1年間以上実施されており、今後2年間以上継続して実施する予定の取り組みであることが要件。

(※全文:947文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.